金子哲雄さんの本を注文しまくりました。

金子哲雄さんの本を注文しまくりました。

金子哲雄さんの本を注文しまくりました。

 

金子哲雄さんの突然の訃報に驚きました。
検索してみたら、関連キーワードに「激やせ」とか「病気」とか
でてきます。

 

僕は、金子哲雄さんのしゃべり方や、話の切り口が好きでしたが、
今まで、書籍を買ったりはしていませんでした。

 

注文したのは、

 

買いの法則、売りの原則―街が教える繁盛への道

 

超三流主義

 

「持たない」ビジネス 儲けのカラクリ (角川oneテーマ21)

 

食いっぱぐれない「働き方」のテクニック (ビジネスファミ通)

 

の4冊です。
もともと興味は持っていましたが、あまりに若い訃報に
彼の作品を読んでみたくなり、注文してしまいました。

 

 

 

金子哲雄さんの訃報は、非常に残念なことですが、
せどりに関して言うと、金子さんの書籍には、一時的にプレミアが付く可能性があります。
有名人がなくなった時に、その著作にプレミアがつくということはよくあります。

 

現在は、高騰していないので、書籍が届いた頃に出品したら、
儲かるかもしれません。
こういう稼ぎ方もありますが、今回は読むために購入しているので、
すぐに出品して、稼ごうとは思っていません。

 

人が亡くなるということは、とても悲しいことですが、
下克上のような、トレンドキーワードを追いかけるアフィリエイト手法においては、有名人が亡くなることは、
多くのアフィリエイト報酬を発生させます。

 

特に「激やせ」というキーワードはテッパンです。
以前、何も知らずに、児玉清さんが激やせという記事を書いていたら、
突然、児玉さんが亡くなり、その日から、一週間くらい、
ユニークアクセス数が、2000〜3000増えました。

 

これだけアクセスが集まると、それなりにアフィリエイト報酬が発生します。
人の不幸を食い物にしているようで、いまいち気分がよくありませんが、
もう少し視点をあげると、アフィリエイトで稼ぐにはどうすればよいのかということが見えてくるような気がします。

 

人の不幸がお金になるわけではなく、ニュース性があることがお金になるということです。
逆に「結婚」とか「熱愛」のようなハッピーな話もテッパンキーワードです。
雑誌やテレビは、それを利用して商売している部分も多いです。

 

予想通り、価格が高騰し始めました。
金子哲雄さんの本が高騰し始めています。

金子哲雄さんの本を注文しまくりました。関連ページ

サイトを立ち上げて、2年経過しました。
サイトを立ち上げて、2年経過しました。
セルフハンディキャッピング
セルフハンディキャッピング

初心者が初報酬を得るなら

リンク集


 
トップページ メルマガ登録