うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話 阪口裕樹

うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話 阪口裕樹

うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話 阪口裕樹

 

 

自殺未遂をして、うつで寝たきりだったのに、
なんとか立ち直って、アフィリエイトで生活できるようになった話です。

 

アルバイトでためた50万円をもって、あいりん地区の
安いホテルで宿泊しながら、ひたすらアフィリエイトをやったそうです。
アフィリエイトは、よほど頭がよくないかぎり、
どこかのタイミングで、ひたすら作業に没頭する時期が
必要だということを再認識させられました。

 

阪口さんは、ただ、毎日同じ時間に同じ場所にいって、
同じ人たちと仕事をするのがつらかったそうです。
仕事的には楽だけど、うつになってしまったそうです。

 

これにも共感しました。
今の標準的な雇用形態は、毎日8時間とか決められて、
同じ場所に行って働くのがほとんどです。
たったこれだけのことと思うかもしれませんが、
いろいろな人がいるので、これが我慢できないという
人がいてもおかしくないと思います。

 

正社員という制度が、自営業やアルバイトなどに比べて、
年金、健康保険、雇用保険など、圧倒的に有利なシステムになっているので、
多くの人は安心を得るために、正社員になることを望みます。

 

これらの制度を一本化すれば、多種多様な雇用形態が生まれて、
幸せな人が増えるのではないかと思います。

 

別に月に10万円でいいから、週3日だけはたらけばいいって人もいるはずです。
現在は月収40万円の人が、月収20万円でいいから、
月12日勤務にしてほしいというのが通用しない場合が多いと思います。

 

初心者が初報酬を得るなら

リンク集


 
トップページ メルマガ登録